2018年04月02日

スイングの研究をする前に、クラブ性能を学びなさい!A

皆様こんにちは!

今回は前回の続きです。

【スイングの研究をする前に、クラブ性能を学びなさい!A】
前回は「芯の位置」「バンス」でした。
今回は「プル角」「フェース角」「ライ角」についてです!

これらのことを知らないと正しい構え方ができません。正しい構え方が出来ないと正しいスイングができません。正しいスイングが出来ないと良い球を打つことはできません。なので皆様もこれらを良く研究して下さい。


「プル角」
プル角についてです。

F180C901-85DA-4B16-808A-A8158B680910.jpeg
プル角はリーディングエッジとシャフトにできる微妙な角度差です。シャフトが左に傾けるとプル角が多くなり、右に傾けるとプル角が減ります。
4C09A5AE-2B9D-4433-B234-342228A40CF9.jpeg
プル角が多くなるとそれにつれてバンスが減っていきます。プル角を増やすとバンスが増えます。

プル角を増やすとクラブをインサイドから入れやすくなり、ドローが打ちやすくなります。
反対にプル角を減らすとインサイドから入れにくくなります。アウトサイドから入れないとダフってします為、フェードボールに適しています。


「フェース角」
次はフェース角についてです。
249BB4FA-2F64-45D4-A675-78FBAE8A8858.jpeg
まずフェースの向きで勘違いされやすいのは、フェース=リーディングエッジと勘違いされている方が多いですね。正しくはリーディングエッジではありません。フェースの当たる面が正解です。

4358966F-D5FC-439B-8195-D50CFB79612A.jpeg
クラブフェースの向きがボールの方向性の70〜80%をしめていて、クラブの軌道が20〜30%となりますので、クラブフェースの向きがいかに大切かと言うことがわかると思います。

200yの飛距離の方が1度方向がズレると球は3.4yズレます。フェアウェイセンターから横に15yズレるとラフに入ります。そうすると4度以上ズレるとラフに入ってしまうのです。そうすると構えは慎重に合わせないといけませんね。


「ライ角」
次はライ角についてです。
FAA663E4-C0C4-4CEB-B7B0-099C61742E8B.jpeg
ライ角は地面とシャフトにできる角度です。
ライ角は自分の体型に合わせなくてはいけません。
洋服のサイズを合わせるのと同じです。

構えの時手元を下に下げると、クラブのトゥが地面から浮きます。そうするとクラブリーディングエッジを目標に合わせていても、フェースは左を向きます。なので手元を下げて構える方は引っかけのミスショットが出やすくなります。それだけではなく芯を外すこと多くなります。
正しい構えでは、クラブのトゥがわずかに浮くように構えて下さい。そうするとインパクト時にソールが全面地面に触れやすくなり、芯に当てやすくなります。インパクトではクラブ遠心力が加わりシャフトがわずかにしなります。その為トゥを少しだけ浮かせることをオススメ致します。

以上の5項目だけでも正確におこなうだけで、スコアーアップは間違えありませんし、これらをやっても今すぐ結果が出ない方も将来性は良くなります。是非試して下さい!
posted by 山田直知 at 11:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: